キャッシングというサービスは、複数の金融業者が提供しています。各業者によって、それぞれ特徴も異なるのです。

ところで消費者金融によるキャッシングは、よく銀行と比較されています。多くの方々は、前者の消費者金融は大変便利だと感じています。なぜなら消費者金融は、融資が非常に速やかです。即日で借りられる消費者金融も、多数存在するのです。それに対して銀行は、若干時間がかかります。また消費者金融でしたら、土日でも利用可能です。

逆に銀行にはどのようなメリットがあるかというと、まず金利手数料です。キャッシングの手数料が高いか否かは、年利という数字で判断できます。最大年利が18%のキャッシングよりも、年利14%の方が、手数料の負担額も小さくなる訳です。

それで銀行によるキャッシングの場合は、その年利の数字がかなり低めに設定されています。上述のように、14%台の銀行も数多くあります。

それだけではありません。銀行によるキャッシングは、融資金額に関するメリットもあるのです。

消費者金融から借りる金額は、原則として年収に左右されます。総量規制というルールの兼ね合いで、あまり大きな金額を借りるのは難しい事も多いです。

しかし総量規制が適用されるのは、基本的には消費者金融です。銀行に対しては、それが適用される訳でもありません。
つまり銀行の方が、消費者金融よりは大きな金額を借りられる訳です。「金利の低さ」と「限度額の高さ」という2点が、銀行によるキャッシングの主たるメリットと言えます。

スピードや手軽さのメリットがあるキャッシング

お金を調達する手段として、キャッシングはよく活用されています。キャッシングは比較的手軽ですし、早さに関わるメリットがあるからです。
お金を調達したい時は、親戚などに相談してみるのも一法です。現にご両親などに相談をして、お金を借りている方々も目立ちます。しかし親戚の都合もありますし、必ずしもスピーディーに借りられるとは限りません。
ところがキャッシングというサービスは、総じて手続きが早いのです。キャッシングで借りたいなら、基本的には銀行もしくは消費者金融になるでしょう。後者の消費者金融などは、総じて速やかに手続きを進めてくれる傾向があります。銀行と比べて、即日で融資が実行される消費者金融も多いのです。
しかし親戚や知人では、即日で借りるのが難しい事も多々あります。融資スピードは、キャッシングのメリットと言えるでしょう。
それとキャッシングは、手軽に借りられるメリットもあるのです。親戚に声をかけるよりは、かえって気楽な一面があります。
親戚に声をかけますと、かなり面倒な事態になってしまう事もあります。返済に滞った時などは、知人との人間関係が微妙になってしまう事も、よくあるのです。
それよりは、かえってキャッシングの方が気楽な一面はあります。信用情報などはあっても、親戚との人間関係が微妙になるより良いと言われる事も多いです。
ただしキャッシングで借りたお金は、もちろん返済する必要はあります。決められた期日までに返済するよう、きちんと計画を立てるべきでしょう。

キャッシング申し込み時の審査とその主たる基準

お金を借りる時には、たいていは審査があります。金融業者による確認です。例えばお金を借りる為に、キャッシングという商品はよく活用されています。消費者金融に申し込みをしている方々も、大変多いです。

しかし消費者金融としては、申し込み者に関して、多角的に確認をしているのです。状況によっては、借りるのが難しい事はあります。キャッシングは、あくまでも審査で合格になった時のみ、借りられるサービスなのです。ですから審査で不合格になれば、基本的には借りられません。

ではキャッシングでは、具体的に何を確認されるかというと、例えば収入に関する状況です。基本的には収入の安定性が重視されます。

キャッシングというサービスは、貸したお金を返済してもらう事で成立しています。ですから金融業者としては、返済されないのは大変困るのです。

このため銀行や消費者金融などは、申込者の収入が安定しているかを確認する事になります。安定収入があれば、問題なく返済可能な傾向があるからです。何も収入だけではありません。年数なども、審査には関わってくるのです。

キャッシングの審査をする時には、申込書に記入する事になります。その際に、居住年数や勤続年数なども書く訳ですが、基本的には長い方が有利な傾向があります。勤続年数が3ヶ月前後の方々よりも、勤続6年などの方が審査に通りやすいです。また居住年数も、長い方が有利な傾向はあります。

この収入や年数などの複数の項目を確認して、総合点数が算出される訳です。審査では、その総合点数が一定以上であるかどうかを確認し、融資実行が可能かどうか判断される事になります。

複数の種類があるキャッシング

お金を調達したい時には、キャッシングは大変便利です。非常にスピーディーに調達できますから、急いでいる時に活用している方々も目立ちます。

ただキャッシングと言っても、実は複数の種類はあるのです。どれを活用するかは、1つのポイントになるでしょう。例えば、銀行か消費者金融かというポイントがあります。どちらのキャッシングもお金は借りられるのですが、両者は早さに関する違いがあるのです。

やはり早くお金を借りたい時には、消費者金融がおすすめです。銀行などは、肝心の融資額が入金されるまでは、数日ほどかかってしまう事もあります。しかし消費者金融でしたら、即日で借りられる事も多いのです。

その逆に、手数料を重視するなら、むしろ銀行の方が望ましい一面もあります。確かに融資までには時間がかかりますが、総じて手数料は低めに設定されているからです。

またカードの種類も、実はキャッシングのポイントの1つになります。カードで借りるとなると、大きく分ければ2つ選択肢があって、クレジットカードもしくはカードローンです。後者は、いわゆるキャッシング専用のカードになります。

確かにクレジットカードでも、キャッシング自体は可能なのです。しかし金利手数料の数字は、総じて高めに設定されている傾向があります。

それに比べるとカードローンの方が、全体的に最大金利が数字が低めなのです。ですから手数料は低く抑えたい時には、カードローンがおすすめではあります。

キャッシングの総量規制に引っかかった時には?

キャッシングは総量規制で年収の1/3以上を借りることができません。ですが時には年収の1/3以上の借り入れを必要とする状況も出てくると思います。

年収の1/3以上の借り入れをする方法は、クレジットカードを使った現金化をする方法です。クレジットカードのショッピング枠には総量規制の対象外なので、キャッシングで上限いっぱいだとしてもそれ以上にクレジットカードのショッピング枠が利用できます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化して、リボ払いで払っていけばキャッシングと同じような使い方ができます。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカードの現金化を行っている業者は多くいるのですが、一番おすすめの方法はアマゾンギフト券をクレジットカードで購入してから、ギフト券の買取を行っている業者に売る方法です。

この方法であれば90%前後の高買取率であることと、クレジットカード利用先がアマゾンなのでクレジットカード会社からお達しが来ることがありません。

アマゾンギフト券買取業者も多くあるのですが、一番おすすめなのがギフトグレースです。

その理由は評判が良いことです。なぜ利用者からの満足度が高いのかというと、買取率が高いことと振込までのスピードが早いことです。即日振込にも対応してくれているので、急に現金が必要になったときにも使えます。