我が家は専業主婦の私と子供二人、そして会社員の主人の4人家族です。
子供が小学生となった今、習い事も始めたので少しでも節約生活をしなくてはなりません。
子供が病弱ということもあって私は専業主婦です。
働きにいけないので、少しでもお金になるならと思って、クレジットカードで出来るだけ支払うように
しています。
使った金額に応じて毎月ポイントがつくからです。
我が家の場合は、水道、ガスなどの公共料金もクレジットカード払いにしていますし、
普段のスーパーでの買い物も全てクレジットカードを使っています。
現金しか使えないお店以外は、ほとんどクレジットカードで支払います。
これで多いときはポイントが1500円ほどつきます。
そんなに大金ではありませんが、現金で支払っていたらもらえないお金です。
年間で1万円以上にもなりますので、地道ですが大きな節約となりました。
テレビやエアコンと一気に買い換えたときはとても大きなポイントがつきましたし、
そのポイントで子供の洋服が買えました。
子供の病気が落ち着いたら私も働きに出たいと考えていますが、今すぐ働きにいけない状況です。
そのため、家計を握る私が少しでも出来る節約として、クレジットカード払いにしてポイントを家族サービスに還元しています。
実家の親は全て現金で支払っていたので、クレジットカードの支払いを教えたところ、毎月1000円ほどのポイントがつくようになり、今までこうしていたら結構な金額のポイントが貯まっていたねと笑っていました。
これからもポイントのためにクレジットで支払っていきたいと考えています。

お金が厳しい時にキャッシングを利用しています。

お金に困るとどうしたらいいのかなんてことは一昔前の私でした。以前なら抵抗感の塊でしかなかった金融関係のシステムでしたけれど最近は昔のような怖いイメージもほとんど見られなくなっているとのことです。生活をするために仕事をするのは当然のことではありますが、色々と事情もあればその場を去らなければいけないこともあります。次の職を約束されてるわけでもないのに、それでも退職して新しい職場探しをしなければいけません。
当然ではありますがすぐに見つかれば御の字ではあります。けれどもそう上手くいかないのが人生で、そしてそれと共に必要になってくるのはお金という存在です。現実は厳しい、そんな言葉が心の底から湧き出てくる時期ではありましたけれど嘆いても仕方のないこと、誰かが助けてくれるわけでもありませんので、とにかく当面のお金の準備をしなければいけないと判断しました。そこでキャッシングという初めての方法に後退りしつつ挑むことになりましたけれど、とにかく何でもそうですが初めてのことは分からないことばかりす。
初めて連絡して丁寧に説明をしてくれた金融会社の方に対して感じたことは親切で丁寧だなということ、そして今まで何かこう怪しさしかなかったそれら金融システムも理解すれば自分が無理さえしなければしっかりと返済してお金を借りることで大変な時期も乗り越えられるということに気が付き今はキャッシングで厳しい時に利用させていただいてます。